So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年春 ベトナム旅行紀 序章 [ベトナム]

おはようございます、38kicksでございます。

ベトナム5泊6日の旅から帰ってまいりました。
なんつーかもう腹一杯ですが、すぐにおかわりしたい気分。

旅の細々したことは日を改めて書きたいと思います。
うん、帰れば帰ったでやっぱりとても忙しいんだな。
本日はすでに洗濯を二回、美容院へ行ってヘアーをカットし、お土産を実家に届けたり、
羽田に近いオレの家に持ち帰った留学生達のお土産満載のスーツケースを運んだり、
ああ、普通にティッシュを買ったりしなくちゃいけないのね、雑務急務。

まずは、ベトナムのことを色々とお勉強いたしまして、
そういった背景も交えつつ旅を振り返りたいと思ってるんですね。

時間を相当巻き戻します、僕の大学生時代に、20年ちょっと前ね。
その当時、海外に旅行へ行くというのは憧れよりもちょい前にあった。
大学の卒業旅行で香港へ行くとか、ハワイに遊びやショッピング的なね。

ただ、僕はそんな旅行に興味はなかった。
大学2年生の時に、アメリカをアトランタを拠点にしてワシントンDCからロスまで横断した。
ひとりで行ったわけではないし、バックパッカー的な旅ではなかったので、まぁ、ぼちぼち。

東南アジアへのバックパッカー的な旅をしたかった。
したいとは思いつつ、出来なかった。躊躇した。

それまで、そんな旅のバイブルは言うまでもなく「深夜特急」だった。
そして、1995年、バイブルは代わる。小林紀晴の「アジアン・ジャパニーズ」だ。
僕が大学3年生の頃、いつも授業中に読んでいた記憶がある。
この世界に急速にのめり込んでいったが、日本から足が出ることはなかった。

その後、アジアを紹介する本は数多く出版されてきたが、僕は動かなかった。
2003年、新しいバイブルが生まれるまでは。石田ゆうすけの「行かずに死ねるか!」。
自転車で世界一周をした記録をつづった本であり、僕は再び旅に惹かれることになった。
このブログで書いたこともあるように、僕の中の「モニュメントバレー熱」を再加熱した本だ。
この時点では、まだアジアではなかった。モニュメントバレーもしくはメキシコだった。
旅行と言えば、毎年恒例になっていた石垣島をまず一番に考えていたしね。

4年前、異動で仕事現場が池袋になり、従業員の募集をかけても日本人が集まらず、
ベトナム人を中心とした海外の留学生達でシフトを回すようになり、アジアが急に身近になった。

現在のベトナムは、あまりバックパック的な旅のイメージはない。
タイやネパール、インドとは違い、女子旅なイメージがある。
食事が美味しいとか雑貨天国とか、つまり、オレとはイメージが合わない(笑)

僕が一番夢中で読んでいた「アジアン・ジャパニーズ」でもベトナムの記述はない。
「アジアン・ジャパニーズ2」の本編(パリで生きる日本人を紹介している)の前後にベトナム編がある。

今回のベトナム旅行の前に読みなおそうと思っていたが時間がなかった。
やっと、先程、朝飯を喰いながら斜め読みしてみたのだが、うん、行く前に読まなくてよかったかな。

いやね、旅行前にほとんどガイドブックを読んでないんすよ。
旅程のほぼすべてを留学生に任せてしまったので、ゆだねちゃったんで。
僕が決めたのなんて行きと帰りの飛行機の日程だけだもんね。

今はそれで良かったと思います。
先入観なしで見れたから、感じることが出来たから。

「アジアン・ジャパニーズ2」から抜粋させて頂きます。
著者がホーチミンで話を聞いた渡辺康孝氏(25歳)の言葉です。

「ヴェトナム人って、家族主義なんですよ。」
「心の一部なんですよ、家族が。」

普通にベトナムを旅行をしていたら、この言葉も僕の体を通り抜けて行くだけだっただろう。
しかし、今回の旅行で僕はある縁を通じて普通のベトナム人の家庭に招かれ食事を共にした。
食事をして、お酒を呑み、会話をし、子供たちと遊んだ。
僕が熱を出してベッドで寝ていると、その家のお母さんが来て、僕の額に手を乗せた。
お母さんは国は違えど一緒なんだなと、ただ、そのピンク色の薬は飲みたくはなかったんだけど、
飲んですぐに大汗をかいて熱は下がったから、まぁ、やっぱりお母さんの言うことは絶対なんだな。

僕がその家を出る日、「お前は目(一重だからだと思う)以外はベトナム人だ」と言い、
日本へ戻る日は電話で「お前は私の息子だ」と言ってくれまして。

つーか、そういう話はあんまり書きたくないからもう書かないよ。
(照れると言うか、キャラじゃないと言うか、書いてると目頭が熱くなってきて…)

しっかり勉強しながら、ベトナム旅行紀を書いて行きたいと思っております。
「アジアン・ジャパニーズ2」で書かれているベトナムは約20年前。
僕が見てきたベトナムは、やはりそこから20年後の世界だった。

それでは、次回から始めますよ。
2017年ベトナム5泊6日の旅(夜行バス車中泊2泊を含む)を。
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊野田の海からコンニチワ。 [八重山]

おはようございます、38kicksでございます。

さて、すっかりやる気のないブログになってしまっていますが、
あまりやる気を見せられても困ると思いますので、キープで行きます。

そろそろベトナムへ行く準備を始めないといけないはずであるのだが、
僕のスーツケースは去年、石垣島に行った時のままになっている。
シュノーケルのゴーグルとかフィンがつっこまれているのである。
と言っても、まぁ、パンツが2枚くらいあればなんとかなるだろう。

しかし、問題は帰国するベトナム人留学生である。
ここぞとばかりに祖国に日本のおもてなし製品をお届けするつもりらしく、
って、おい、ウォシュレットってなんだよ、気持ちは分かるけれどさぁ。
生理用品を潰して(圧縮ね)コンパクトにしていたり、生活の知恵を全開にし、
預けられるスーツケース2個、重量制限46キロぎりぎりまで詰め込む気だ。

当然、オレのスーツケースもそのターゲットになっている。
なんか、羽田に行くまでに疲れそうだな(笑)


なんか、元気を頂きました(笑)


 ★

そんな訳で、ベトナムに行くまでに去年の石垣島の旅行紀を終わらせようと思う。
つまり、今日で終わらせてしまう算段である、計2回。1泊だからね、そんなもんで。

で、初日の夜はお師匠と呑みに行ったわけでありまして。
お師匠が事故で九死に一生を得てしまった話は前回書いたのでトバしまして、
まぁ、とにかく、お師匠は検査でポリープが見つかり、前日に軽い手術をしている。
もちろん、お酒を呑むのは禁止されている。一週間は禁止らしい。

さて、では、まずはオリオンで乾杯である。
店はいつもの八重山村です。新規開拓する気ゼロであります。
いつもの店に行けば頼むのもいつものやつになります。
そういって人は年を重ねるごとに無難な道を選ぶようになるのです。
PA220048.jpg
刺身を食べました。
PA220049.jpg
グルクンの唐揚げも頂きました。
まぁ、他にもピザとかおにぎりも食べたとは思いますがね。

ええ、当然のように泡盛ですよ。
お師匠も呑んでます、いつもよりも薄めにして呑んでます。
PA220050.jpg
で、二軒目ですね。メンガテーです。
沖縄おでんとそばのお店。以前より入りやすくなりましたね。
PA220051.jpg
またオリオン呑んでます。
お師匠、翌日、血便が出ました(笑)
PA220055.jpg
これだから酒呑みはね(笑)
オレなんて週の半分は呑んでないっすよ、このオレが。
自分で信じられないくらいだ。まぁ、若干タバコが増えた気がするが・・・。

さて、二日目にして最終日であります。
午前中はお土産屋を覗いたりのんびり過ごしまして。
PA230104.jpg
自分の為にキーホルダーを購入。

午後は伊野田の小さなショップのシュノーケリングのツアーに参加。
ホテルまで迎えに来てもらいショップへ向かい、手続きその他もろもろ。
PA230058.jpg
ボートを出す小さな港ではイワシ釣り。
子供達が堤防から海に飛び込み、そんな「昔の日本」的な風景に心が和みましたね。
PA230059.jpg
彼、トライアスロンやってるそうで、シュノーケルでバタフライしてました(笑)

半日コースなのでポイントはふたつ。
ひとつめはそれほどでもありませんでして。
僕は最初はライフジャケットを着てましたが、途中から脱いで潜水して遊んでました。
やっと、それなりに潜れるようになりましたね。
PA230080.jpg
ふたつめのポイントが見事でしたね。
今まで見たことのない光景が広がり、ちょっと興奮気味でしたね。
PA230081.jpg
空港に近いので、到着してその足でとか、帰る日の最後のひと遊びに活用するとか、
そういう便利な使い方が出来るのがいい。こっち目線の使い方ね。
ただ、まだこのショップ及びオーナーの真の実力はこんなもんじゃないと思うのでね、
機会があればまた利用してみたいと思いますね。
あのね、オーナーが頭がいいんすよ、なので好感が持てます。
いや、別にお師匠が…。
PA230107.jpg
島での最後の食事はうどんセット。
だって、うどん好きだからさぁ。

帰りは最終の引き継ぎ便で帰宅したのは12時過ぎ。当然、翌日から仕事。
と言うわけで、平成27年度の石垣島旅行は1泊2日の弾丸ツアーでした。
ただ、1泊2日で行ってみたかった、試したかったので、これはこれでOKなんです。

僕にしてみれば、石垣島は観光に行く場所ではないので。
まずはシュノーケリングが一番なんですけど、やっぱり会いたい人がいるからね。
と、キレイにまとめてみました(笑)


平成27年度 石垣島慰安旅行紀 最終回
ただ今の時間 平成27年10月23日 午後7時00分
nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行